HOME » 不妊治療の鍼灸院を選ぶ前に知っておきたいこと【大阪編】 » 鍼治療の仕組みとは

鍼治療の仕組みとは

初めて鍼治療をするとなると、いくつもの鍼を刺すことで痛みを伴うのではないか、と不安になる方も少なくないと思います。また、金属アレルギーを発症してしまうことはないかという心配もあるかもしれません。

鍼治療は、治療の仕組みと使用する鍼の特徴を知っておくことで痛みやアレルギーの心配を払拭することができます。注射とは異なり、鍼を刺しても痛くない理由があるのです。

ここでは、鍼治療の仕組みと、使用する鍼についてご紹介していきます。

鍼治療の仕組み

鍼灸院

鍼治療が効果を発揮するまでの仕組みを簡単に見ていきましょう。

まず、人間の身体は、怪我をするとすぐに自動的な修復をする機能を持っています。例えば「血小板」が止血、「白血球」が細菌や異物の分解、といった役目を果たしており、かさぶたを作るのです。そしてやがて、怪我をした部分の細胞が再生していきます。怪我をしなくても、自動的に古くなった細胞を老化・死滅させ、新しい細胞が生まれます。

こうした新陳代謝が細胞レベルで行われている人間の身体ですが、鍼治療は鍼を刺して、極めて低刺激な組織破壊を人為的に起こすことで、この自然治癒能力を部分的に活性化させているのです。

鍼治療がなぜ効くのか

では、鍼治療はなぜ効果があるのでしょうか?単に体に刺激を与えるだけでは、目的とする治療効果を得られません。

鍼治療は、私たち人間の身体にあるとされている、365ヶ所以上のツボを刺激します。目的とするツボに鍼を刺すことで、その刺激が自律神経系や免疫系といったところに作用します。血液循環やリンパ液の代謝が向上し、自然回復力アップにもつながると考えられているのです。また、鍼治療は痛みを抑制・遮断する鎮静効果もあると昔から認められています。

鍼治療に痛みはある?

鍼灸院

鍼治療は、痛みを感じることなく受けられます。同じく針を刺す注射とは異なり、なぜ無痛で治療を受けられるのでしょうか?それは、使われる鍼の素材や形状などが、身体に負担を極力与えないよう工夫されているためなのです。ここからは、鍼治療に使われる鍼の特徴についてご紹介していきます。

使用する鍼の特徴

鍼治療で使われる鍼を刺しても無痛である理由のポイントは、鍼の「素材」「太さと形」「衛生面」の3つです。それぞれどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

鍼の素材

鍼治療に用いる鍼の素材はいくつかあり、ステンレスや銀、金などがあります。刺しやすい・折れにくい・錆びにくい・滅菌処理の際の耐久性が高い・安価である、といった理由から、一般的に使用されているのはステンレス素材の鍼です。

銀・金を含んだ鍼は弾力性や柔軟性が高く、ステンレス製の鍼よりも痛みが少ないとされています。しかし、扱いやすさや安さ、錆びにくさなどがステンレス製鍼の方が勝っているため、ステンレス製の鍼を用いる鍼灸院が多いのです。

鍼の太さ・形

鍼の太さや形状が、鍼治療が無痛であることの大きなポイントとなってきます。刺すと痛みを感じる注射針の場合、太さは0.7mm~0.9mmとされています。その一方、鍼治療で一般的に使われる鍼の太さは、0.14mmから0.34mmなのです。鍼が細いほど刺入時の皮膚の抵抗も少なく、痛みを感じることがありません。

用いる鍼の太さは治療したい箇所ごとに異なり、顔は細めのタイプを、肩や腰などには太めのタイプを使います。その時の体調や症状によっても臨機応変に変わります。

また、鍼の形状ですが、鍼治療に使う鍼は先端が丸みを帯びており、皮膚に刺す際の負担が少なくなるような工夫がされています。液体を注入する必要がある注射針の場合、中が空洞になっており、先端が尖っているために痛みを感じやすいのです。

鍼の消毒

現在ほとんどの鍼灸院で使い捨てタイプの鍼を使用しています。また、滅菌消毒と梱包を徹底しており、衛生面への配慮がなされているため感染症などの心配も不要なのです。院によっては、患者さんごとに専用針を用意しているところもあります。その場合も、使用のつど滅菌消毒処理などを行っているはずです。鍼の衛生面に不安がある方は、一度施術者に質問や確認をしてみると良いでしょう。

金属アレルギーは起こさない?

鍼治療を受けるとなると、金属アレルギーを引き起こさないか心配な方もいると思います。一般的に、金属アレルギーを起こしやすい金属としては水銀やニッケル、コバルト、スズ、金、銀、銅などが挙げられます。鍼治療で主流となっているステンレスは錆びにくい性質を持ち、金属アレルギーを引き起こしにくい金属のため、安心して治療を受けることができる、とされています。

不安に感じる方は、一度パッチテストを受けて反応を見てみることをおすすめします。

鍼治療の仕組みと痛みに関するまとめ

鍼治療の仕組みと、無痛である理由についてご紹介してきました。初めての鍼治療だと、痛みやアレルギーに関して不安に感じる面もあるかもしれません。しかし鍼治療のメカニズムや、無痛である理由を知ることで心配も解消され、安心して治療を受けられることにつながると思います。どうしても不安が残る方は、パッチテストを受けてみるという選択肢もあります。また、安心して治療を任せられるような事前説明や施術を心がけている鍼灸院を探すということも大切です。

特集 大阪府内にある不妊治療の専門鍼灸院5院
特集 大阪府内にある不妊治療の専門鍼灸院5院
Copyright (C) おおさか子宝サロンなび 【不妊鍼灸ができる大阪の鍼灸院ガイド】 All Rights Reserved. サイトマップ