HOME » 不妊治療の鍼灸院を選ぶ前に知っておきたいこと【大阪編】 » 病院との併用は可能?

病院との併用は可能?

ここでは、病院での不妊治療と鍼灸院での不妊鍼灸を併用することが可能なのかどうかについて、くわしく解説をしていきたいと思います。

など、“病院と不妊鍼灸の併用”について知りたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

不妊に対するアプローチが違うから併用しても大丈夫!

「鍼灸院で受けられる不妊鍼灸に興味はあるけれど、病院での不妊治療と併用して進めても大丈夫なのだろうか…?」こんな疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

まず先に答えを言うと、大丈夫です。併用しても問題ありません。なぜならば、西洋医学の病院治療と、東洋医学の鍼灸治療は、不妊に対するアプローチが違うからです。ぶつかって副作用を起こすようなことはありません

不妊治療における鍼灸のメリットは、“身体づくり”にあります。冷え症を改善したり、ストレスを和らげたり、溜まった疲れを取り除いたり…。婦人科系の働きが良くなるような身体をつくることが目的なのです。“妊娠しやすい土台を整える”といった感覚ですね。より良い卵子や子宮環境を整えることは、病院での不妊治療に貢献することはあっても、悪影響を及ぼしたり、副作用を起こすようなことはありません。安心してください。どちらか一方の治療を選ばなければいけない理由はどこにもありませんので、安心して併用しましょう。

ちなみに、病院で行なわれる不妊治療では、身体に負担をかけてしまうケースも少なくありません。鍼灸は、こういった不妊治療による身体のダメージをケアする効果も期待できるので、むしろ併用治療は効果的だと思います。

たくさんの女性が病院の不妊治療と不妊鍼灸を併用するかたちで不妊改善に取り組んでおり、鍼灸だからこそできることの素晴らしさを実感されているので、ぜひ、それぞれのメリットを上手く活用して頑張ってほしいと思います!

特集 大阪府内にある不妊治療の専門鍼灸院5院
特集 大阪府内にある不妊治療の専門鍼灸院5院
Copyright (C) おおさか子宝サロンなび 【不妊鍼灸ができる大阪の鍼灸院ガイド】 All Rights Reserved. サイトマップ